終活ガイド上級資格(心託コンシェルジュ)通信講座~2週間の自宅学習で最高グレードの終活資格が取得できる

終活の資格を持っている人というのは、いわば終活の専門家ということになります。

終活で何か困った出来事が起こった人は、とりあえず専門家のところに行って相談をすることになるでしょう。

しかし、その相談に対して、明確な解決策を提示することのできる終活の専門家というのはほとんどいないというのが現実です。

終活の資格を持っている専門家なのに、切実な思いで相談をしてくる人の悩みを何も解決できないわけですから、これほど情けない話はありません。

このサイトを訪問されたあなたは、終活の資格に興味をお持ちだと思いますが、そういった現実を知ってしまうと、がっかりしてしまうに違いありません。

終活の資格を取得しようとするモチベーションが、一気にさがってしまうかも知れませんね。

しかし、落胆する必要はまったくありません。

もしあなたが、終活の専門家として、相談者の切実な悩みを解決してあげたいという思いをお持ちならば、このサイトを訪問したことは本当に幸運であるといえます。

なぜなら、このサイトで紹介をする「心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)」という資格は、業界で唯一「クライアントの悩みを解決できるライセンス」だからです。

これから詳しく説明していきますので、どうぞワクワクしながら読みすすめて行ってください。

終活協議会と提携企業が心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)をバックアップ

もしあなたが、心託コンシェルジュという終活の上級資格を持っているということをうまくアピールできたならば、さまざまな人から終活に関する相談を持ちかけられるに違いありません。

入院や介護施設に入所する際の身元保証人の問題、お墓の問題、葬儀の問題など、終活の専門家に持ち込まれる相談というのは多岐にわたります。

しかし、たとえどんな相談を持ち込まれたとしても、終活に関する相談ごとであれば、まったくあわてる必要はありません。

なぜなら、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)の認定元である社団法人終活協議会では、過去にそういったクライアントのさまざまな悩みに対して98%の確率で解決してきたからです。

残りの2%というのは、契約をすすめている途中でクライアントさんが亡くなってしまったなどという特殊なケースでだけですから、実質的には100%解決していると言っていいでしょう。

つまり、心託コンシェルジュの資格を持っている人は、終活協議会で提供することのできるサービスをすべて仲介することができますので、相談者の悩みをほぼ100%の確率で解決することがきるということになります。

終活協議会では、全国各地のさまざまな分野の専門家や企業と提携をしています。

たとえあなたがどこに住んでいたとしても、終活協議会本部や弁護士、司法書士、行政書士、税理士、不動産鑑定士、ファイナンシャルプランナー、葬儀社、寺院、介護施設といった提携先と連携して、クライアントの悩みを解決することができるのです。

他の団体の終活資格では有資格者をサポートする体制そのものがありませんので、相談者の悩みを解決してあげることができないのです。

実務に関しては終活協議会本部や提携企業が電話一本で対応

心託コンシェルジュとして活動をするといっても、それほど難しく考える必要はありません。

なぜなら、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)というのは、あくまでも終活に関する窓口として相談者の悩みを受付けする立場になります。

そのあとの、実務に関しては、終活協議会本部や提携の企業が対応することになります。

つまり、すべてをお任せしてしまっていいのです。

ですから、相談者の悩みを解決してあげるといっても、特にあなたが何かをする必要はないのです。

終活協議会の本部に電話を一本入れれば、98%の確率でクライアントの悩みを解決してくれることになります。

お客様から日常的に「ありがとう」といってもらえます

人の悩みを解決してあげるということは、人から感謝をされるということです。

一般的にはサービスを提供する方が、お客様に対して「ありがとうございました」と頭をさげるのが普通です。

ところが、心託コンシェルジュの場合には、お客様の方から「ありがとう、助かったよ」とお礼を言ってくれることが多いのです。

相談者の多くは切実な悩みを抱えていますから、それを解決してあげれば感謝をされるのは当然のことです。

人間は誰でも、人から感謝をされると嬉しいものです。

しかし、普通に生活をしていれば、人から感謝をされるなどということはめったにないでしょう。

ところが、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)として本格的に活動をすれば、日常的に人から感謝をされるようになるのです。

活動をしたことに対して報酬を受取ることができます

心託コンシェルジュとして活動することで、多くの人の悩みを解決してあげることが可能になりますが、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)はただのボランティアではありませんので、自分が活動したことに対する報酬を受け取ることができます。

人に感謝をされつつ報酬まで手にすることができるわけですから、かなりやりがいがあるといえるでしょう。

もちろん、しっかりと心託コンシェルジュとして活動されることが前提となりますが、がんばれば副業であっても月に20万円程度の収入を手にすることが可能になります。

心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)として受け取ることのできる主な報酬には次のようなものがあります。

●心託会員の入会・・・5千円
●家族葬の依頼・・・2万円
●供養の依頼・・・・2万円
●お墓の依頼・・・・3万円
●遺品整理の依頼・・・3万円
●身元保証代行の契約・・・3万5千円
●心託完璧プランの契約・・17万円

もちろん、これ以外にも心託コンシェルジュの報酬につながるサービスはたくさんあります。

副業禁止のサラリーマンや公務員の方でも大丈夫です

あなたが勤務している職場で副業禁止の規定がある場合、心託コンシェルジュとしての報酬が会社にばれてしまわないか不安になることでしょう。

でも、ご安心ください。

終活協議会では、心託コンシェルジュとしての報酬をあなたが勤務している会社を退職するまでお預かりすることが可能です。

それまでの間は、個人所得に計上されることはありませんので、会社にばれるということはありません。

会社を退職すると同時に、退職金と心託コンシェルジュの報酬をダブルで受け取ることができるわけです。

心託会員の入会金は100%心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)の報酬となります


心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)としての活動は、終活に関する相談を受けるだけではありません。

終活協議会で提供している「心託」というサービスの会員を増やすことで、あとあと大きな報酬につなげるきっかけになります。

心託の会員になると、さまざまなサービスを受けることができますが、特筆すべきなのはティーペックという医療や健康に関する相談を24時間受けることのできるサービスを利用できるという点です。

心託の会員になるには5千円の入会金が発生しますが、この5千円のみでティーペックのサービスを一生涯にわたって利用できるのです。

ティーペックを個人的に利用しようと思ったら、入会金として5万4千円かかり、さらに月々の会費として1万800円かかります。

それを5千円のみで一生涯にわたって利用できるわけですから、心託コンシェルジュがしっかりとそのメリットを説明できれば、喜んで「心託」の会員になってくれるに違いありません。

ちなみに、「心託」に入会するときに発生する5千円は、すべて心託コンシェルジュへの報酬となります。

つまり、終活協議会の本部では1円も受け取らずに、心託の入会金5千円に関しては100%心託コンシェルジュに還元をしているということです。

心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)になるためには最初に5万円の費用が発生しますが、「心託」の会員になってくれる人を10人見つけることができれば元が取れてしまうことになります。

長く活動することでどんどん報酬が積み上がっていく可能性も

心託コンシェルジュとしての活動を長い期間にわたって積極的にしていくと、報酬が雪だるま式にどんどん積み上がっていく可能性があります。

どういうことかといいますと、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)を通して心託の会員になった人が、心託のサービスに申し込みをすると、担当をした心託コンシェルジュに報酬が発生する仕組みになっているからです。

たとえば、あなたを通して心託に入会された方が、数年後に身元保証代行を契約し、さらに数年後にお墓や遺言書などのサービスを利用することになったとします。

このとき、身元保証代行やお墓、遺言書の契約に伴う報酬が、すべてあなたに発生することになるのです。

つまり、心託コンシェルジュとして長く活動すればするほど、あなたを通して心託会員となった人の数が増えていきますから、報酬がどんどん増えていく可能性があるのです。

一般的なビジネスであれば、収入がアップすればするほど忙しくなります。

場合によっては、人を雇ったりしなければならなくなります。

しかし、心託コンシェルジュの場合は、どんなにたくさんの心託会員さんを増やしたとしても、入会後の会員さんの対応は実質的に本部や提携企業が行うことになりますので、必要以上に忙しくなるということがありません。

そんなふうにお思いの方もいるかも知れませんが、心託コンシェルジュとしての活動をしっかりとしていただければ、終活協議会との契約上はそういったことになる可能性は十分にあるのです。

終活ガイド検定の認定講師として活躍することができます

終活協議会では、全国各地で毎月「終活ガイド(中級)検定セミナー」を実施しています。

心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)になると、この終活ガイド(中級)セミナーを5回以上受講(心託コンシェルジュは受講費無料)し、認定試験に合格することによって、セミナー講師として活躍する道が開かれています。

終活の先生として、人前で話をしてみたいと考えている人にとっては、とてもやりがいのある仕事です。

人気講師になると、ファンができてしまう人さえいます。

もちろん、終活ガイド(中級)検定の正式な講師としての仕事となりますので、終活協議会から報酬を受け取ることができます。

セミナー1回あたりの報酬は3万円となりますので、本業のかたわら週末を利用して月に2回ほどセミナー講師をするだけで月額6万円の副収入を得ることも可能になります。

いつかセミナーの先生をやってみたいと考えている人にとっては、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)の資格を取得することが夢を実現させるための近道となります。

心託コンシェルジュと終活ガイドの違い

終活協議会では、「心託コンシェルジュ」以外にも「終活ガイド」というライセンスを発行していますが、セミナー講師を目指したりさまざまな相談業務に対応ができるのは「心託コンシェルジュ」のみです。

この2つのライセンスの違いを、一覧にしていますのでご確認ください。

「心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)」は「終活ガイド(中級)」の上位資格ではありますが、終活ガイド(中級)資格をお持ちでない方でも、心託コンシェルジュに申し込みをすることが可能です。

心託コンシェルジュと他団体終活資格との比較

終活協議会で発行する「終活ガイド」や「心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)」以外にも、他の団体の終活関連資格がいくつかありますので、それらとも比較をしてみてみましょう。

表をご覧になっていただけるとお分かりのように、取得をすることで仕事につなげることのできる資格は、唯一「心託コンシェルジュ」だけです。

他の団体が資格取得者のゴールとして設定しているのは、あくまでもエンディングノートの記入の仕方を教えてあげることができるレベルになります。

そのため、さまざまな悩みを持った相談者が現れたとしても、それらの悩みを解決してあげることは困難です。

また、終活の資格を仕事につなげたいと考えている人の場合、エンディングノートの書き方を教えるだけで生計を立てて行くというのは非常に困難です。

あくまでも、さまざまな終活に関する悩みを持った人の相談に対応してあげることによって、結果的に報酬を得ることができるようになるのです。

わずか2週間の自宅学習で心託コンシェルジュ(終活がガイド上級)になれます


心託コンシェルジュには、自宅でDVDやテキストをもとに通信教育という形で2週間程度の学習をしていただくことでなることができます。

テキストで学ぶ内容は以下の10項目です。

最後に自宅で簡単なテストに答える形で課題を提出していただきますが、よほどのことがない限りは不合格になることはありません。

たった2週間程度の学習で、さまざまな相談者の悩みに応えることができるようになるのか不安になる人もいるかも知れません。

しかし、これまで多くの人からの相談を受けてきた終活協議会の経験をもとに、「これだけを知っていれば大丈夫」という必要最小限の知識を効率よくテキストやDVDにまとめていますので、不安になる必要はまったくありません。

もちろん、資格取得後も最新の知識などを継続的に勉強していく必要はありますが、スタートアップとしてはこれで十分です。

どうしても自分では対応できないような相談を持ちかけられたら、先にも書きましたように、終活協議会の本部に電話を1本入れれば解決することになります。

「心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)」の場合は、このように組織としての完全なバックアップ体制があるために、終活の勉強を始めて間もない人であっても安心して活動をすることができるわけです。

※2週間というのはあくまでも目安で、課題の提出期限は特に決められておりません。忙しくてなかなか時間の取れない方は、自分のペースで学習をしていただいても大丈夫です。

通信教育で資格取得を目指すことのメリットとデメリット

終活の資格を取得する方法は、大きく分けてセミナーに参加する方法と通信教育で学ぶ方法の2種類があります。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、通信教育の一番のメリットは、なんといっても自宅で自分のペースで学べるということだと思います。

セミナーの場合だと、開催日時に合わせて時間を空けなければいけませんし、会場が自宅から遠かったりすると、移動のための時間が発生しますし、交通費や宿泊費などに費用もかかります。

場合によっては、セミナーの参加費よりも交通費や宿泊費の方が高くなってしまうケースもあるでしょう。

その点、通信教育であれば、そういった時間的なロスやよけいな費用が発生するということはありません。

もちろん、通信教育にもデメリットがないわけではありません。

自宅で一人きりでの勉強になりますので、ある程度の強い意志がないと学習を継続することが困難になってしまいます。

ある団体が開催している終活系資格の通信講座の場合、カリキュラムを最後まで終えて資格を取得できる人の割合はわずか10%ほどだといわれています。

申し込み直後はモチベーションが高くなっていますので、がんばって勉強を進めることができても、時間とともに当初の熱意が下がっていってしまうのが普通です。

ですから通信講座の場合、終了までの期間があまりにも長いものは挫折する可能性が高くなってしまいます。

その点、終活ガイド上級の通信講座は、2週間で無理なく勉強を進められるカリキュラムとなっていますので、相当に意思の弱い人でなければ途中で挫折するということがありません。

他の団体の通信教育の場合、終了までに3ヵ月~4ヵ月ほどかかりますので、最後までやり遂げることのできる人は限られてしまうわけです。

もちろん、終活の専門家が学ぶべきことはたくさんありますので、2週間ですべての範囲を深く学ぶことはできません。

そのため終活ガイド上級では、資格を取得したあとでも継続的に学んで行くことができるような体制を整えているのです。

心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)になるまでの流れ

step
1
当サイトよりお申込み

当サイトの申し込みフォームより通信講座にお申し込みください。

step
2
受講料のお支払い

受講料の46,760円(税込み)+初年度年会費3,240円の合計50,000円をクレジットカードあるいは銀行振り込み(振込み手数料はお客様負担)にてお支払いください。

step
3
テキストにて自宅学習

お送りさせていただいたテキストを使用して、自宅で学習を進めてください。

step
4
課題の提出及び口座振替依頼書の返送

自宅での学習をひと通り終えたら課題①と②、及び口座振替依頼書を終活協議会までご返送ください。口座振替依頼書は年会費の引き落としと報酬の受け取りに必要になります。
※次年度より年会費3,240円が口座から引き落としされます。クレジットカードでお申込みの方は、年会費はカードからの自動決済となります。

step
5
認定書・会員証・バッチが到着

終活協議会より、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)の認定書のほか、会員証やバッチが送られてきますので、心託コンシェルジュとしての活動を開始してください。さらに幅広く勉強をしたり、セミナーに参加をしたり、相談を受けつけたり、活動のスタイルは自由です。

心託コンシェルジュになることで得られる5大特典

心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)になることで、あなたはこれから紹介する5つの特典を手に入れることができます。

心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)になるためには5万円の初期費用がかかりますが、これから紹介をする特典だけで5万円以上価値があるということにあなたは気がつくと思います。

つまり、申し込み時に発生する5万円は特典だけで十分に元が取れるということです。

心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)になると、終活協議会で開催されたセミナーの動画が無料で見放題になります。

こういった動画を視聴することで、最新の終活情報を手に入れることができますので、終活の専門家としてつねにスキルアップを図ることが可能になります。

現在視聴できるセミナー動画は12本ありますので、仮にセミナーの受講料相場を1本あたり5千円とした場合6万円の価値があることになります。

セミナー動画はこれからも20本、30本、40本とどんどん増えていきますので、将来的にはこの動画特典だけで数十万円の価値を持つことになります。

心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)になると、動画を無料で視聴できるだけではなく、実際のセミナーにも無料で参加することが可能になります。

これは、何度セミナーに参加してもすべて無料です。

他の団体ですと、エンディングノートセミナーに1回参加するだけで4万円かかります。

しかし、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)となったあなたは、終活協議会で実施するエンディングノートセミナーも含めて、すべてのセミナーに無料で参加をすることができるのです。

このように終活協議会では、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)のライセンスを持っている人には、まさにVIP扱いともいえる徹底的な「えこひいき」をすることになります。

終活のコンサルやカウンセラーとしてクライアントさんと接するときの入り口となるのが、エンディングノートです。

このエンディングノートも、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)の場合は終活協議会から無償で提供を受けることができます。

お客様には540円で販売することができますので、物販として考えた場合の利益率は100%ということになります。

100冊販売すれば、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)の申し込み費用である5万円の元が取れてしまいます。

終活の専門家として活動するにあたっては、チラシやパンフレットなどの販促品は欠かせません。

こういった販促品も、心託コンシェルジュには無償で提供されます。

フランチャイズなどのビジネスを行う場合には、こういった販促品は加盟店が本部から買わされるのが普通です。

しかし、終活協議会では心託コンシェルジュとはあくまでも対等な立場という考えを持っていますので、こうした販促品を無償で提供させていただいています。

まさに、非常識なサポート体制といってもいいでしょう。


心託コンシェルジュを通して持ち込まれた相談者の終活に関する悩みを、終活協議会本部や提携会社が解決できなかった場合は、受講料を全額返金させていただきます。

これまで、相談者の悩みを98%の確率で解決してきた終活協議会だからこそ提供できる、全額返金保証となります。

全額返金保証の期間は1年間となります。

あなたが心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)となったあと1年間の間に、終活協議会本部や提携会社で解決できない問題が発生しましたら、遠慮なく返金を申し出てください。

心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)通信講座のお申込み


※終活ガイド上級(心託コンシェルジュ)は誰でもお申込みができます。

終活の初心者であっても基礎から学ぶことができますので安心してお申込みください。

>>スマホで電話はこちらをクリック<<

よくある質問

Q:心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)として活躍するのは若い人じゃないと無理ですか?

そんなことはありません。いろいろな人の相談に乗ってあげるという観点から考えたら、むしろ人生経験豊かな年配の人の方が向いています。

サラリーマンの方が定年後に仕事をするためのライセンスとして、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)を取得しておくというのは賢い選択といえるでしょう。

Q:これまでセミナー講師の経験がまったくありませんが、それでも講師を目指すことはできますか?

まったく問題ありません。セミナー講師となるには心託コンシェルジュの認定後に終活ガイドセミナーを5回以上受講(無料)していただきますので、話し方のコツなどが自然と身につきます。

あとは単純に慣れの問題で、セミナーごとにどんどん上手にしゃべれるようになっていきます。

Q:いますぐ活動することはできませんが、とりあえず心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)のライセンスだけ取得しておくことは可能ですか?

もちろんです。心託コンシェルジュになったからといって、何かをしなければならないという義務が発生するわけではありません。

あくまでも活動に関しては個人の自由ですし、ステイタスとして上級資格を取得しておきたいという方も大歓迎です。

また、永久に終活のセミナーを無料で受ける権利を手に入れたいといったような動機でも問題ありません。

Q:心託コンシェルジュにはとても興味がありますが、資格をとるのはまだ先でも大丈夫ですか?

取得される時期はご自身で決めていただければと思いますが、将来的には心託コンシェルジュ(終活ガイド上級)になるためのハードルがどんどん上がって行く可能性があります。

どのような資格でもそうですが、最初のうちはハードルが低くても、有資格者の数が増えるにしたがって取得がどんどん困難になっていきます。

実際に、心託コンシェルジュも3万円で取得できた時期がありましたが、有資格者の増加にともなって現在は5万円までハードルがあがっています。

ですので、いずれ取得予定ならば、なるべく早めに取得をしておいた方が無難といえるでしょう。

Q:本業を続けながら心託コンシェルジュとしての仕事をすることはできますか?

もちろんです。週末だけセミナー講師として活躍をしたりインターネットなどを使って集客をしたりすることもできますので、本業がおろそかになるということはありません。

また、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)の仕事はあくまでも窓口であって、実質的な業務は終活協議会本部や提携企業が行いますので、それほど忙しくなるということはありません。

Q:お客様からクレームが来たりすることはありませんか?

心託コンシェルジュのところに相談に来られる方の多くは、なんらかの悩みをかかえています。

そういった方々の悩みを解決してあげるのが主な仕事となりますので、感謝をされることはたくさんありますが、クレームを受けるということはほとんどありません。

社団法人終活協議会代表理事 竹内義彦よりご挨拶

こんにちは。社団法人終活協議会の代表理事をしております竹内と申します。

このたびは、心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)に興味をお持ちいただきまして、誠にありがとうございます。

終活の資格に興味をお持ちのあなたは、すでにご存知かと思いますが、これから日本はまさに「おひとりさま」時代に突入します。

2035年には2人に1人がおひとりさまになるであろうという予測もあります。

これからの日本にとって、終活の問題はまさに避けては通れない命題ともいえるものです。

終活協議会では、終活で困っている人を1人でも多く助けてあげたいとの思いから、さまざまなサービスを提供させていただいています。

しかし、私たちの力だけでは、終活で困っている日本全国の人たちを助けてあげることは困難です。

何とかしてあげたいという強い思いはあっても、限られた人員のなかで全国津々浦々まで私たちの想いやサービスを浸透させるというのは容易ではないからです。

そこで私たちは、全国で終活に困っている人を助けてあげるための仲間を養成することにしました。

その仲間というのが、今回このホームページで紹介させていただいている「心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)」ということになります。

幸いにして、いまでは私たちの考えに共感してくれた多くの人たちが「心託コンシェルジュ(終活ガイド上級資格)」として活動してくれています。

しかし、全国津々浦々の終活で困っている人たちを助けてあげるためには、まだまだ絶対数が足りません。

もしあなたが、このホームページをご覧になって私たちの考えに共感してくれたなら、ぜひいっしょに終活で困っている人たちを助ける活動に参加してみませんか?

私たち終活協議会では、全国の心託コンシェルジュとともに、「やりがい」「喜び」「感謝」といったキーワードを、つねに共有していきたいと考えています。

あなたのご参加を心よりお待ちしています。

※終活ガイド上級(心託コンシェルジュ)は誰でもお申込みができます。

終活の初心者であっても基礎から学ぶことができますので安心してお申込みください。

>>スマホで電話はこちらをクリック<<

特定商取引法に基づく表示  プライバシーポリシー

更新日:

Copyright© 終活の達人~はじめての終活をサポート , 2019 All Rights Reserved.