墓じまい

墓じまいのときトラブルになりがちな高額な離檀料~埋葬証明書が発行されない?

更新日:

最近は墓じまいをする人が増えているようです。

生まれ故郷にあるお墓を守っていくことが難しいと感じた人たちが、墓じまいをして自宅近くの墓地に遺骨を移したり、永代供養を行ったりするケースが多くなっています。

ただ、墓じまいにあたって、お墓を管理している寺院とトラブルに発展するケースも少なくないようです。

それは、「離檀料」の問題です。

「離檀料」というのは、最近作られた造語で、檀家をやめるときにお寺におさめるお金のことをいいます。

墓じまいをする際に、お寺が多額の離檀料を請求するケースが増えており、そのことが問題になっているわけです。

参考:「墓を引っ越しする」と言ったら、寺から高額な費用を要求された

墓じまいが増えていることはお寺にとっては死活問題

お寺というのは、基本的に檀家さんからの法事のときのお布施や墓地の管理費などで生計を立てています

これは、江戸時代の寺請制度のころからずっと続いている仕組みで、檀家さんたちの納めるお布施によって長いあいだお寺を支えてきたわけです。

ところが、最近は墓じまいをする人が増えてきたために、こういった仕組みを維持することができなくなってしまい、お寺にとってはまさに死活問題となりつつあるわけです。

坊主丸儲けなどといわれたのは過去の話です

お布施をしてくれる檀家さんが離れていってしまうと、お寺を維持管理することができなくなってしまいます。

実際に、住職が生活することができなくなって、廃寺となってしまうところが全国的に増えているようです。

「坊主丸儲け」などといわれたのは、過去の話です。

そこで、なんとか檀家が離れてしまうのを食い止めようと、墓じまいにあたって高額な離檀料を請求するお寺が増えてきているわけです。

高額な離檀料を請求される背景には、お寺の住職が欲に目がくらんだといったような単純な理由では片付けられない深い問題が存在するのです。

お寺から高額な離檀料を請求されたらどうすればいいか

檀家がどんどん離れていってしまうお寺もたしかに気の毒ですが、かといって数百万円もの法外な離檀料を請求されてすなおに払える人は少ないでしょう。

実際に200万円や300万円といった、法外な離檀料を請求されることも少なくないようです。

なかには、1千万円というありえないような金額の離檀料を請求されたという人も実際に存在します。

離檀料そのものに決まった金額というものはなく、あくまでもお寺側の言い値ということになるため、このように驚くような金額の離檀料を請求されたりすることがあるわけです。

法的には墓じまいをしても離檀料を支払う必要はありません

墓じまいをして改葬をするにあたって、離檀料を支払わなければならないという法的な根拠はなにもありません。

そもそも、改葬と檀家を離れることは別の問題です。

改葬に関しては、埋葬法の第2章に記載がありますが、あくまでも自治体の許可関係のことが書いてあるだけで、離檀料などの費用的なことに関しては一切書かれていません。

法的な根拠はまったくないにもかかわらず、風習的に離檀料をとる寺院が存在するというのが実際のところです。

離檀料を支払わなければ埋葬証明書を発行しないと脅す住職

数百万円の離檀料を請求されて、「はい、分かりました」とすなおに払える人は少数派でしょう。

「とてもじゃないですが、そんな大金はお支払いすることができません」と難色を示すのが普通の人の感覚です。

それに対して、「離檀料が支払えないのならば埋葬証明書は発行できませんね」などと、脅すようなセリフを吐く住職もいます。

仏に仕える身の人間が、そんな脅すようなセリフを吐くこと自体ナンセンスで、そのようなお寺は離檀して大正解といえるのですが、それはさておき、埋葬証明書を発行しないといわれると困ってしまいます。

埋葬証明書は、改葬の許可申請をするときに必要な書類で、既存の墓地の管理者に発行してもらわなくてはなりません。

遺骨を移設するときには、役所に改葬許可申請を出さなければいけない点を逆手にとって、高額な離檀料を請求してくるわけです。

埋葬証明書を発行してくれなかったら役所に相談

しかし、そんな脅しに負けて高額な離檀料を支払う必要などまったくありません

先ほども書きましたように、離檀料の支払いに法的な根拠はありませんので、それを支払わないからといって埋葬証明書を発行しないという理屈など通用しません。

こういった場合は、とりあえず市区町村の役所に相談してみることをおススメします。

役所の職員から住職に対して、埋葬証明書を発行するように指導してくれるはずです。

それでも、住職が埋葬証明書を発行してくれないときには、民事訴訟を起こすことも考えられなくはありませんが、できればそこまで話をこじれさせたくないというのが、多くの人の本音でしょう。

そういった場合は、高額な離檀料を安くしてもらうなどの交渉をする必要がでてきます。

離檀料の適正な相場というのはいくらくらいなのでしょうか?

離檀料に法的な根拠はまったくないとはいえ、多くの人は先祖代々のお墓をこれまで管理してくれたお寺ともめたくないと感じるに違いありません。

墓じまいをしたいと言い出しただけで怒り出す住職もいるようなので、そういった状態のときに火に油をそそぐように離檀料の支払いを完全に拒否できる人はなかなかいないでしょう。

ある程度の納得のいく金額であれば、これまで長い間お世話になった感謝の意味もこめて、常識的な範囲で離檀料をお支払いしたいと考えるのが普通です。

ですから、あくまでも問題になるのは離檀料としていくら支払うかということだと思います。

離檀料の目安としては法要で渡す金額の2回~3回分

離檀料には相場というものがありません。

そのため、離檀料をまったく請求しない寺院というのも実際には多いのです。

逆に、相場がないがゆえに200万円だとか300万円などという法外な金額を請求してくる寺院もあるわけです。

しかし、相場がないとはいっても、ある程度の常識の範囲での目安というものは存在します。

墓じまいのときにお寺に支払う離檀料の相場は、法要のときに支払うお布施の2回~3回分といわれています。

たとえば、法要のときに住職に5万円渡す家であれば、10万円~15万円が離檀料を支払えば十分といえます。

どんなに高くても、せいぜい30万円~50万円以下と考えるべきです。

決して少ない額ではありませんが、長い間お世話になったお寺への気持ちとして、これくらいの離檀料は仕方がないといえそうです。

もし高額な離檀料を請求されたら、なんとかこれらの範囲の金額におさまるように、住職と根気強く話あってみるといいでしょう。

民事訴訟を起こすなどというのは、最後の手段と考えるべきです。

高額な離檀料を請求する住職の勝手な言い分

墓じまいのときに高額な離檀料を請求されたら、なぜそのような金額になるのか聞いてみるといいでしょう。

多くの場合は、金額の根拠はまったくありません。

「ここにお墓を建ててから200年になるから、200万円」とか、「お墓を建てたときの永代使用料が200万円だったから、その半額の100万円」などと、支離滅裂なことを言ってきたりします。

お墓を建てた年数と離檀料とは何の関係もありませんし、永代使用料の半額を支払うなどという決まりもどこにもありません。

そんなの住職が勝手に自分で決めたマイルールであり、檀家がそれに従う必要はまったくないといえます。

-墓じまい

Copyright© 終活の達人~はじめての終活をサポート , 2019 All Rights Reserved.